自宅待機をチャンスに変える?_DAY1

いつ出されるのだろうと思っていた緊急事態宣言が7日に出された。

宣言が出されたのを機に、会社からは8日から自宅待機するようにと指示があった。予定としては5月6日までらしい。

自宅待機を指示されるなんて、20年近く社会人をやってはじめての経験だ。

海外で新型コロナウイルスの感染が広がったころから、ロックダウンされた街で暮らしている人たちのレポートをYouTubeなどで見かけるようになった。なので、感染者数が伸び始めた日本もそう遠くない未来にはロックダウンが行われるんだろうなと、ある程度の覚悟はできていた。

毎日感染者数が増えているというニュースを目にすると、会社に行くこと自体がかなりストレスだったので、まず会社に行かなくてよくなるのはありがたかった。

でも自宅待機の間、どうやって過ごそうか。時間はありあまるほどある。

まず運動は意識してやろうと思った。通勤していれば最低でも1日7千歩は歩いている。それがまったく歩かなくなるのはかなりまずい。

さいわい日本は厳しい外出制限はしないようだし、海外でロックダウンされていた人たちも、散歩くらいはできると報告していたので、ウォーキングかランニングを毎日1時間くらいしようと思っている。ほかにも、ストレッチをしたり、ラジオ体操をしたり。ヨガに挑戦してもいいかもしれない。

あとは、読書と勉強。

読書は積読している本がたくさんあるので、新たに買わなくてもそれらをかたっぱしから読んでいけばよい。

勉強は、数年前に挫折した簿記2級の試験勉強を再開してみるとか、英語や校正、労働法を勉強するとか、いろいろある。IllustratorやInDsignの使い方をこの際きっちり習得したいし、デザインの勉強をしようとも思っている。

文章もたくさん書きたい。こうやってブロクを書くこともそうだし、なにかまとまったものを書きたい。

あれやこれやと考えていると、実はひと月なんてあっという間に過ぎてしまうことに気がついた。

私にとって自宅待機は災難でもなんでもない。むしろいろんなことに取り組めるチャンスなのかもしれない。

ひと月後、自分がどのくらい変化しているのかが楽しみである。

タイトルとURLをコピーしました