YouTubeで勉強_DAY42

YouTube-logo

自宅待機42日目。

私はテレビをほとんど見ないのだが、その代わりのようにYouTubeはよく見る。

猫が楽しそうに遊んでいる動画とか、1分くらいの超短編アニメとか、お笑いとか、単に楽しむための動画も好きだけど、何らかの学びがある動画もよく見る。

英語をどうやって学んだらいいか教えてくれる人がいたり、Illustratorでイラストを描く手順をデモンストレーションする動画があったり、料理の作り方や美容マッサージ、ストレッチなどを実践で見せてくれたり、本当にありとあらゆる動画がある。なので、自分の興味のおもむくまま、ありとあらゆることが学べる。

案外こういう動画というのは、テレビではなかなかお目にかかれない。しかもすべてタダである。

何かを知りたい、学びたいと思った時、私はブログを読むことも多いが、動きのあるものは動画のほうがわかりやすいことも多い。文章を読むより、言葉を耳にしたほうが頭に入ってきやすいと感じることもある。

ただ最近気がついたのだが、動画を漫然と見ているだけではどんな内容だったか覚えていないことも多いようだ。YouTubeは一度見た動画のサムネイルの下に、赤いラインが入るので、見たことは間違いないのだけど、はてどんな内容だったっけ?と思う動画もチラホラある。

これを防ぐには、どうもメモを取るのがいいようだ。音楽と一緒で動画は流れていってしまうので、目に見える形に残しておくと、頭にも残りやすい。なのでこのごろYouTubeを見るときはノートを近くに置くようにしている。もし一部聞き逃しても前に戻れるから、メモを取るのも楽だ。

勉強しようと思えばなんだって教材にできる、実にいい時代である。

タイトルとURLをコピーしました