久しぶりに食材買い出し_DAY10

自宅待機10日目。

小池知事が「ロックダウン」を口にし出したころからちょこちょこと食材を買い置きしていたのだけど、いよいよ底をついてきたので、久しぶりにスーパーでまとまった買い出しをしてきた。

行ったのはいつもの駅前のスーパーではなく、徒歩10分くらいのちょっと大きなスーパーである。

普段からお客の多い店なので、開店直後から午前中は混むだろうと、昼ごはんを食べてから出かけた。

まずは野菜を買おうと、入口近くの野菜売り場へ。小松菜を探したけれど売っていない。でも店内を一回りして再度戻ってみたらちゃんと並んでいた。品出しが追い付いていないらしい。他の棚も全体的にスカスカしている。

通常より少ない人数でシフトを回しているのだろう。店内もいつもの活気があんまり感じられない。トイレに入ってみたら汚れたままで放置されているし、トイレットペーパーも1ミリも残っていなかった。

資本の大きそうなチェーンのスーパーだから盤石なのかと思いきや、そういうわけでもないようだ。

駅前のスーパーはここより小さめだけど、普段通りというか、それほどガタついている印象はなかった。パートのおばちゃんたちの力が強そうな店なので、こういう非常時には一致団結しているのかもしれない。

などと考えながら、買い物した荷物をいったん家に持ち帰り、今度は散歩に出た。

散歩ルートが固定するとつまらなくなるので、大枠のルートは同じでも毎日ちょっとだけ違う道を歩いている。

今日はいつも行く川の近くにある公園を少しうろついてみる。桜はすっかり散っているけれど、子ども連れのお母さん方で少しにぎわっている。

公園の奥の方へ行くとフットサル場があった。もちろん誰もいない。施設はかなり新しい。こういうことでもなければ来ることもない場所だった。

この公園自体が水処理施設の上に作られた人工公園なので、川の土手よりやや高いところにある。なので、見晴らしがとてもよかった。川の流れもよく見える。花火大会の時なんかは、そうとう混みあうんじゃないだろうか。

休みの日に出かける場所は、これまで都心方面がほとんどだった。家の近所にはこうやってまだまだ知らない場所、行ったことのない場所がある。これを機会にいろいろ探索するのも面白いかもしれない。

自転車はもっていないので、行動範囲は限られてくるけれど、それもまたよしだ。

タイトルとURLをコピーしました