卵の入らないアイスボックスクッキー_DAY43

アイスボックスクッキー

自宅待機43日目。

朝起きたらひんやり、というか肌寒い。数日前、もう夏に突入か?と思ってうんざりしていたのがうそのような低温である。今年もなかなか不安定な気候が続いている。

お昼ご飯のあと、甘いものが何か食べたいと思って、家にある材料だけでアイスボックスクッキーを作ってみた。

クッキーにはたいてい卵が入っているものだが、この半年くらい卵を常備していないので、卵を使わなくてもいいレシピで作ってみることにした(※レシピの詳細は「アイスボックスクッキー 卵なし」などで検索してみてください)。

材料はバター、小麦粉、砂糖、ココアの粉のみ。独自に、刻んだアーモンドとクルミも加えてみる。

柔らかくしたバターを練り、砂糖を加えてさらによく混ぜ、小麦粉とココアの粉を加えたら、切るように混ぜていく。

と、ここまではよかったのだが、まるで砂を混ぜているようなポロポロした状態がしばらく続き、いっこうにひとつの生地としてまとまる気配がない。はて、このあと一体どうしたらよいのだろう?

ためしにそのポロポロしたものをギュッと手で握ると塊にはなる。そこで、分量にはなかった水を少し加え、やや強引に生地をまとめてラップにくるみ、棒状に成形してみた。こんなやり方で大丈夫なのかよくわからなかったけれど、失敗したら失敗した時である。あとは成形した生地を冷凍庫で数分冷やす。ちなみに、ココア入りの生地しか作らなかったので、市松模様などにはしなかった。

オーブンを温めている間に冷やしたクッキーを5ミリ厚くらいにスライスして天板にのせ、170度で15分ほど焼く。クッキーが思ったよりも膨らんでクッキー同士がくっついてしまい、ちょっと焦る。でも食べるには問題なかった。

できあがったクッキーはサクサクでおいしい。卵が入っていないせいか風味やコクは抑え気味だけど、そこまで気になるものでもない。

ちなみに、別の人が書いているレシピを見たら、ポロポロ状態になったものを手でギュッとまとめて成型する、と書いてあった。なんだ、やっぱりそうするしか方法はないのか…。ほかにも、牛乳を少々加えてまとめたりするものもあった。とりあえず私のやり方は、方向性として間違っていなかったようである。

タイトルとURLをコピーしました