うちの猫たちのごはんについて_DAY49

猫ごはん

自宅待機49日目。

朝から曇り空。昼すぎにはちょこっと雨も降り、もうすでに梅雨に入ったかのような天気である。曇り空だと猫たちがなんとなくおとなしいが、私もなんとなくぼんやりする。

今日は、うちで飼っている猫たちのごはんについて書いてみたいと思う。

今現在の猫たちのごはん

メインはドライフード

今は「ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー」を食べさせている。どうも猫にはグレインフリー(穀物不使用)がいいらしい、と知って選んだものだ。食べはじめて半年以上たつだろうか。フードのにおいがいいようで、最初から猫たちの食いつきがよかった。

このフードにはサーモン、ダック、チキンの3種類ある。すべて試した結果、うちの猫たちはチキンしか食べなかったので、もっぱらチキンである。

ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー

なお、このフードの欠点は小分けになっていないところ。本当は割安な2キロ入りの大袋を買いたいところなのだが、この量だと袋の下の方のフードをあげるころには時間がたちすぎ、かなり酸化してしまうようで、フードをあげても「う~ん、これかぁ…」と、猫たちの食いつきが明らかに鈍る。それでしょうがなく割高な500グラム入りを買っている。

夜ごはんに猫缶をプラス

今までずっとドライフードしかあげていなかったのだが、ここ半年くらい、夜ごはんのときにドライフードにプラスして「たまの伝説 何もいれないシリーズ」という缶詰を食べさせている。高齢なので、水分補給も兼ねている。

たまの伝説 何も入れないシリーズ

まぐろ、かつお、サーモン、ささみの4種類あるのだが、うちではまぐろとかつおをローテーションしている。サーモンもたまに買ってみることもあるが、脂が多いのか猫たちはあんまり好きではないようだ。ささみは食べないかもしれないと思って、買ったことはない。

この「たまの伝説」は、缶をあけた瞬間、人間でもおいしそうだなと思ういい匂いがするので、猫たちの食いつきがとてもいい。飼い主としては、とにかく猫たちが喜んで食べてくれるフードはありがたい。

猫のおやつ

以前は小魚やかつおぶしなどをおやつとしてよくあげていたが、このごろはまったくあげなくなった。猫たちはおやつがなくてもとくに不満はないようだとわかったからだ。

ただ、おやつは用意しなくなったけれど、体調が悪い時でも食べてくれるような補助的な食べ物はあったほうがいいので、そのための「ちゅ~る」を常備している。店頭に並ぶ「ちゅ~る」はこれでもかというくらい種類があるのだが、いろいろ試した結果、うちはほぼまぐろ味しか食べなかった。

しかも、以前は好んで食べた総合栄養食のまぐろ味を、飽きてしまったのかまったく受け付けなくなってしまった。今は「エナジーちゅ~る まぐろ」を用意してあるが、これもいつか飽きる可能性は大である。

エナジーちゅ~る

これまでの猫たちのごはん

今うちにいる猫は、雄が1匹、雌1匹である。もともとは3きょうだいだったが、去年の4月に雌が1匹亡くなり、2匹になった。

彼らとの出会いは2002年5月。ミルクを飲ませるところからはじまり、今月で18歳になった立派な高齢猫である。

彼らがミルク以外のものを口にしたのは生後3週間くらいのとき。離乳食としてドライフードをふやかしたものを食べさせたのがはじまりである。

メーカーは忘れたが、何種類かのフードを用意していたことは覚えている。幼い頃に多くの味に触れさせると、偏食になりにくいというのを何かで読んだからだった。

生後2カ月くらいになって、はじめてのワクチン接種のため近所の動物病院へ。そのとき先生から試供品の「サイエンスダイエット」をもらった。

きっと獣医の先生がくれるフードだから身体にもいいだろうと思って、それからサイエンスダイエットを買うようになった。猫たちの食いつきもよく、年代別のフードも充実していたので、数年前まではずっとサイエンスダイエット一辺倒だった。

ところが、「これ、もうヤダ」と突然のボイコットがはじまる。しかも3匹とも。これまではごはんを出せば必ず食べてくれる猫たちだったので、はじめての猫の偏食にかなり戸惑った。

食いつきをよくしようと小魚やかつおぶしを混ぜてみたが、肝心のフードはほとんど食べずに残してしまうので、この作戦はうまくいかなかった。

しかたなくネットで調べてよさそうなフードを買ってくるのだが、なかなか猫たちのOKが出ない。昨日は食べていたのに、翌日からまったく食べなくなるということもあった。当然だが、猫がほとんど手を付けなかったフードは袋ごと廃棄である。もったいないけれど、人間が食べるわけにもいかず。

なんとか食べてくれるフードが見つかり、ほっとしたのもつかの間、1匹が体調を崩し亡くなってしまった。残された2匹もなんとなく食欲がない。そこでまたフード探しの旅がはじまり、ようやくたどり着いたのが「ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー」だったのである。

ちなみに、フード放浪の旅をしている間、手作りの猫ごはんを検討したこともあった。でも、試しにゆでた鶏肉などをあげてみたが、猫たちがほぼ興味を示さなかったので、断念。やはりこういうのは、赤ん坊の時から慣れさせないと無理なのだろう。手作り猫ごはんは理想ではあるのだけど。

タイトルとURLをコピーしました