自宅待機がはじまってひと月_DAY30

青空とシロツメクサ

自宅待機30日目。

目覚ましをかけないで自己暗示だけで起きる実験、2日目。今朝も7時起きを目指す。

いつものように明け方一度猫に起こされたものの、二度寝してから6時50分ころに自然と目が覚める。まだ早いと思ってちょっとうだうだしてしまったので、最終的にちゃんとベッドから出たのは7時半だが、ほぼ希望通りの時間に自力で目覚めることができた。

この自己暗示起床法、目覚ましのアラームで起こされるより、なんとなく気分よく起きられる気がする。しばらく続けてみようと思う。

今日は昼食後、散歩を兼ねてホームセンターまで買い物に出かけた。

連休が明けて、やっぱり散歩をしている人が少なくなった。今日から仕事という人も多いのだろう。

連休中はたぶん混んでいたんじゃないかと思われるホームセンターも、今日はまったく混んでいなかった。猫のカリカリや缶詰などを買ったあと、その足でホームセンターの近くにあるスーパーにも寄る。

そこから一旦家に戻り、今度は家の近くのスーパーへ買い物に行く。コーヒーの粉を買うことに気を取られ、備蓄用の水を買おうと思っていたのに忘れる。明日買おう。

それにしても、自宅待機生活もひと月である。

在宅勤務と違って会社都合の休業の身なので、ひたすら自分のやりたいことをやる毎日である。次の仕事の心配や、収入が途絶える心配をすることなくこんな生活を送れるのは、学生以来のような気がする。

自宅待機はおそらく5月31日まで延長されるようなのだが、正直もっと長くてもいいくらい、本当に充実した毎日を過ごしている。

なんだか自分の中で新しい世界が広がりつつあるというか、子どもの頃になじみのあった世界へ戻りつつある感じがする。

不謹慎を承知で言いたい。ああ、会社に戻りたくない。

タイトルとURLをコピーしました