元の生活には戻りたくない、けれど_DAY20

自転車と猫

出社再開20日目。本日は公休。

5月末で自宅待機が終わった時、もう元の生活には戻りたくない、戻るまいと思っていた。

といって、会社もあと1年そのまま続けることにしたし、引っ越しの予定も今のところない。今住んでいるところが9月で更新なので、引っ越そうと思えば引っ越せるのだけど、あえて引っ越す理由もあまりない。

ということで、このまま普通に生活していったら、元の生活に戻るだけだ。だから、外側ではなく内面的なことを変えていくことにした。

自宅待機中、生活のなかの細々したことを無意識ではなく意識してやるようにしていたのだが、それを出社が再開されたあとも続けた。これが内面的なことを変えるのにすごく役に立っているようだ。

やっていたことと言えば、朝起きたらちゃんとベッドを整えるとか、花の水を忘れずに変えるとか、一度使ったものは必ず元の場所に戻すとか、本当にささいなことだ。

それらを続けていたら、そのうち頭のなかでやろうと思ったことを、その日のうち、あるいは数日のうちに実行するようになったことに気がついた。

以前だったら、やろうと思ってからずいぶん時間がたってから実行するか、まったく実行に移さないまま終わるか、ということがほとんどだった。それに比べると、相当な変化だ。

生活の中の細々したことを意識してやることで、なぜ心で思ったことを実行しやすくなったのか、理屈はよくわからない。もしかしたら、自己コントロールがうまくなってきたということなのかもしれない。


ところで、元の生活に戻りたくないといえば、私の中で一番は電車通勤である。

県をまたいだ往来が解除されたため、来週になったらますます電車が混みあうかもしれないと思うと、今からかなり戦々恐々としている。いっそのこと自転車で通おうかといろいろ調べ始めた。

まずはアプリで通勤経路を調べてみた。片道12キロくらい。時間にすると約1時間。もしジムでバイクマシンを1時間こいだら、相当いい運動だ。往復だと1日で24キロ。雨の日も風の日も走るとなると、なかなかである。

会社員がなぜみんな電車で通勤するかといえば、毎日こんなに運動してたらたぶん疲れて仕事にならないからだ。

でも、本気で電車に乗りたくないというのであれば、私としてはやる覚悟がある。

ちなみに通勤にはどんな自転車がいいのだろうかと調べてみたら、多くのサイトで街乗りには「クロスバイク」をおすすめしている。

マウンテンバイクとロードバイクを足して2で割ったようなスポーツタイプの自転車らしい。軽くて速い自転車だと書いてあるのを読むと、乗ってみたくなる。

ともあれ、思い先行して失敗しないように、いろいろ検討してみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました