何もなければ来月はオリンピックだったんだなぁ_DAY29

pp_torakkuhashiru_TP_V
競技場を走る陸上選手のフリー素材 https://www.pakutaso.com/20110626159post-210.html

出社再開29日目。本日は自宅待機デー。

2020年の6月も残すところあと1日。いよいよ7月、2020年も後半戦である。

本来なら2020年7月にはオリンピックが開かれたはずだが、今のところ来年に持ち越しとなった。

オリンピックが延期になって、実は多少ほっとしている。もしオリンピックが予定通り開かれていたら、私はその期間中会社を休もうと思っていた。都内がものすごく混雑するんじゃないかと不安だったのだ。

ここ数年、ただでさえ外国人観光客が増えていた。

平日ですら地下鉄などの乗客の半分が外国人で占められ、街にも外国人があふれる状況だったのに、これがオリンピックになったら一体どれだけ混雑するのか。

オリンピックはそれなりに楽しみではあるけれど、それはテレビでのんびり観戦するような状況においてだ。自分が混雑に巻き込まれるのはごめんだった。

予定通り開催されていたら、都内で働く人はオリンピック期間中、テレワークをするよう政府から要請されていたかもしれない。コロナウイスルの影響でテレワークをする企業も多いので、来年へ向けての知見が蓄積されたのは不幸中の幸いかもしれない。

それにしても、最近あまりオリンピックのことが話題に上らない。

7月5日の都知事選でもオリンピックのことはあまり出てこない気がする。もう開催が決定事項だからだろうか。

確かに延長されることにはなっているけれど、近ごろの世界におけるコロナウイルス感染状況を見聞きしていると、感染が再び拡大しているようでなんだか雲行きが怪しい。

街中にはまだ2020年のフラッグがそのまま飾られているし、ミライトワやソメイティをあちこちで見かける。現状では開催の方向ですべては動いている。

とはいえ、ウイルスに人間の思惑など関係ない。状況を冷静に見守るしかない。

タイトルとURLをコピーしました