ヒマな仕事は辛い_DAY22

tomneko12151310_TP_V
PCのやりすぎでこんな顔になっていませんか?(猫)のフリー素材 https://www.pakutaso.com/20191254351pc-38.html

出社再開22日目。本日は出社デー。

6日ぶりに会社に行ったので、案の定いろいろ仕事がたまっていた。

といって、普段の仕事が忙しいかというとそんなことはなく、むしろヒマである。

午前中でほぼやることが終わってしまうくらいしか1日の仕事量がない。たまに何か頼まれれば忙しくなることもあるけれど、その仕事も常にあるわけではない。

ネットニュースで、「仕事がヒマで苦痛」という話題が上がっていた。そうそうと思いながら読んだ。

記事の終わりくらいに「ヒマな職場は意外とある」とあったが、そもそもそういう職場は存在価値があるのだろうか?と自分の身を顧みず考えてしまった。

一時的に仕事がヒマというならよくある。繁忙期と閑散期のある仕事も多いし、そもそも常に量が一定の仕事の方が少ない。

でも、常にヒマというならかなり問題だと思う。要するにその仕事や職場にはニーズがないのだから。

私が今やっている仕事は、コロナ自粛で2カ月間休んでも問題がないくらいだから、ほぼニーズはない。正確に言うと、社員が分担して代わりにやってくださったのだが、こんなことなら契約社員を雇わなくても、自分たちでやれるだろうに。

仕事は生活費を稼ぐためだけのもの。そう割り切れればきっと楽だ。でも、やはりそういうわけにはいかなくて、何らかのやりがいを欲してしまう。

もし、やりがいなんて必要ないと思えたら、ヒマな仕事も案外楽しめるのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました