手縫いでエコバッグづくり_DAY6

エコバッグ

出社再開6日目。本日は公休日である。

昨日、レジ袋の有料化についていろいろ考えていたから、ということでもないのだけど、新たにエコバッグを作り始めた。

今私が使っているエコバッグは、小さいのと大きいのと2つ。どちらも手芸屋さんで生地を買ってきて、自分で手縫いして作ったものだ。

普段持ち歩くエコバッグはかさばらない小さい方。大きい方は厚手の布地で作ったせいか、たたんだ時にかさばるので、たくさん買い物をするとあらかじめわかっているときだけ持って歩く。でも、今後は大きいエコバッグを持ち歩く機会も増える。となると、あまりかさばるのは好ましくない。

ということで、もう少し薄手の布で大きめのエコバッグを作りたいと前から思っていて、生地だけは買って用意してあった。木綿ではなくナイロンのかなり薄い生地なので、かなりコンパクトなエコバッグになるはずである。

昼くらいから作りはじめて、3時間くらい作業をしたところで本日は終了。ミシンなら数時間で完成するかもしれないが、手縫いなので時間が多少かかる。

年に数回だが、もう少し本格的なバッグを作ることもあるので、一時期本気でミシンを買おうか悩んだこともあったが、数回使って終わりになる可能性もなきにしもあらずだったため、結局買わずじまいである。

中学生の時、家庭科の実習でミシンを使った時、うまく使いこなせず四苦八苦した思い出がある。ミシンで縫っている時間より、トラブルを解消する時間の方が長くて、うんざりしたものである。それを思うと手縫いの方が気楽でいいやとも思ってしまう。

ひと針ひと針チクチク手縫いしていると、普段とはちょっと違うゆったりした時間の中にいられるので、案外それが楽しかったりもする。編み物をしている時の気分にもちょっと似ているかもしれない。

明日またチクチクと作業をして、仕上げたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました