2020-02

私の「働くことと生きること」

私の「働くことと生きること」 その3 園芸店の店員

1996年、私は東京にいた。18歳だった。 函館の実家を出て、千葉の寮から水道橋にある専門学校に通っていた。子どもの頃から漫画家になりたいという夢があり、それを叶えるためだった。高校は復学することなく3月に退学届けを出していた。 ...続きを読む
ブログ

今年度、風邪をひきませんでした

私の今年度の目標はずばり、「風邪をひかないこと」。 ちょっと喉がイガイガするかな?程度はあったけれど、熱が出たり体調を崩して寝込んだりは一度もなかったので、あとひと月無事であれば達成できる。(追記:2020年5月現在も風邪をひかない記...続きを読む
ブログ

ぶらりカメラ散歩~逗子、鎌倉

カメラ片手に散歩しながらスナップ撮影するのが好きである。 都内を歩くこともあれば、近郊の街や旅先で撮影することもある。 …といいつつ、ここ1年くらいはほとんどやっていなかった。 せっかくの連休、お天気もいいし、久しぶりに海辺の町へ出か...続きを読む
私の「働くことと生きること」

私の「働くことと生きること」 その2 料理屋のお運びさん 

18歳の時、高校にはまったく通わないまま、9月から半年ほど料理屋でお運びのアルバイトをしていた。 私が育った函館には、戊辰戦争の舞台となった五稜郭がある。その史跡は星形をしていて、横に建てられた五稜郭タワーから見るとその形がよくわかる...続きを読む
本の話

「働くことと生きること」(水上勉)

水上勉の「働くことと生きること」という本がある。 ちなみに、このブログはタイトルが「はたらくこといきること」なのだけれど、水上氏の本の存在を知る前に決めたものなので、けして真似したわけではないことを一応お断りしておく。 この本は...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました